インドのビジネス巨人:インドを叱るのをやめ、日本は流行と戦うために「ムンバイモデル」を試すべきだ-yqqlm


元のタイトル:インドのビジネス巨人:インドを叱るのをやめなさい、日本は流行と戦うために「ムンバイモデル」を試みるべきです

  インドのメディアウェブサイトLivemintは、26日、インドのビジネス界の大物からのアドバイスを特集し、日本に「ムンバイモデル」に従って新しいコロナウイルスの拡散を抑制するよう呼びかけました。

  アナンド・マヒンドラ

  2番目に大きな都市である大阪の病院は、日本が新しいコロナの発生の第4波と戦うために圧倒されます。 インドのトップ自動車メーカーであるマヒンドラグループの責任者であるアナンドマヒンドラは、大阪に「ムンバイモデル」を学ぶよう促し、人々に「インドを攻撃する」のをやめるように求めた。

  大阪病院職員による消毒

  マヒンドラは、ウイルスは「世界を一緒に癒す」ための共同の努力によってのみ打ち負かされることができることを誰もが理解しなければならないとツイートした。 コロナウイルスと日本の医療インフラを扱う「日本のモデル」は確かにうらやましいですが、「他に誰もいない」方が安全です。 「インドの攻撃はやめなければならず、私たちは一緒に世界を癒さなければならないことを理解しなければならず、大阪は 『ムンバイモデル』を試さなければならない」とツイートは読んだ。

  ムンバイの状況は改善しました

  インドのメディアによると、日本は他国の大規模な感染を回避しましたが、パンデミックの第4波は大阪府を襲いました。 病院は圧力にさらされており、疲れ果てた医師は「システムの崩壊」を警告し、ベッドと人工呼吸器が不足しています。 アナンド・マヒンドラは、ムンバイの当局が昨年の第1波から学び、第2波へのアプローチにいくつかの改善を加えたと信じています。

  マヒンドラは5月9日のツイートで次のように述べています。「ムンバイでの改善の兆候についてツイートしてきました。人々は当然のことながら、低い検査率と過少報告に懐疑的です。 19の統計は、状況が着実に改善していることを示唆しています。」

  ムンバイでの新しい症例は2月にピークに達した。 しかし、5月上旬以降、毎日確認される症例は減少し始めています。 ムンバイ市政府当局者によると、ムンバイは火曜日に1,037件の新たな確認された症例を報告し、累計で699,904人になり、37人が新たに死亡​​し、1,427人が回復した。 回復率は94%で、ムンバイには現在27,649の活動的な症例があり、まだ治癒していません。

  ロイター通信によると、大阪が位置する日本の西部地域は、24日のロイターの報告によると、流行の第4波に苦しんでいます。 この地域の人口はわずか900万人で、日本の人口の約7%ですが、5月以降の新しいコロナによる新たな死亡者数は国全体の約3分の1を占めています。 今月20日までの1週間で、大阪府では3,849件の新冠が確定し、3か月前の5倍になりました。

  医療資源の逼迫は、大阪府での現在の発生の深刻さを反映しています。 大阪府には13,000人以上の新規コロナ患者がおり、地元の病院は患者の14%しか受け入れておらず、ほとんどの患者は家にしか滞在できないと報告されています。 ワクチンについては、大阪と東京がそれぞれ今月24日に新しいコロナワクチンの大規模なワクチン接種センターを立ち上げ、ワクチン接種の進展を加速させることを望んでいます。

  (編集:YZS)

膨大な情報、正確な解釈、すべてSina Finance APP

担当編集者:Yin Yue

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。