アニメやマンガの世界から、お客様は忙しくてストレスの多い現実の中で「所有」の感覚を体験することができます。

メイド喫茶の起源とサービス

メイド喫茶は、2001年に東京の秋葉原(またはエレクトロニクスとポップカルチャーのファンのハブである「秋葉原」)に最初に登場しました。 昨今、メイド喫茶は「きのこのように育ち」、秋葉原の代表的な店のひとつになりました。

カフェ・デ・ボンヌ(メイド・キッサとも呼ばれます)では、ウェイトレスは通常、かわいいフレンチメイドの服を着ています。 彼らは白いエプロンをトッピングした、かわいい弓が付いた短いスカートを着ます。 メイド喫茶には通常、アニメ(日本の漫画)、マンガ(日本の漫画)、ビデオゲームのファンである顧客がいます。 彼らは、これらのキャラクターが彼らに仕え、二次元の世界に没頭しているように感じさせたいと思っています。

メイド喫茶のメニューは通常のカフェと大差ありませんでした。 コーヒーや紅茶、サンドイッチなどの軽食、さまざまなデザートを提供しています。

食べ物や飲み物の価格は通常のカフェに比べて比較的高いですが、彼らはあなたに排他的なサービスを提供することを忘れないでください。 「乙女」はケチャップでオムライスを書いて味を良くしたり、デザートをシロップとチョコレートで飾ったりしました。 一部の施設では、お客様はウェイトレスと一緒に写真を撮ったり、追加料金でゲームをプレイしたりできます。

また、愛らしい「メイドさん」と一緒に楽しんだり、ライブで見たりすることもできます。 カフェの女の子とのリラックスした楽しいおしゃべりは、この場所に来ることの最良の部分です。

バーは通常、食べ物や飲み物の費用に加えて、座席料金を請求します。 時間制限のあるカフェもあるので、実際に行く前に、体験したいカフェがどのように機能するかを確認するのが一番です。

食べ物や飲み物の注文や支払いに関しては、メイド喫茶と通常のレストランの間に大きな違いはありません。 多くのお客様が日本語を話さないため、一部の店舗では英語とその他のいくつかの言語で説明があります。

顧客は「所有者」です

メイド喫茶は、ウェイトレスがメイドに扮したカフェだけではありません。 そこでは、常連客は宮殿の「所有者」(御主人様)と見なされ、ウェイトレスは常連客のしもべであるかのように振る舞いました。

普段、すべてのカフェで、お客さんが到着すると「いっっっしゃいませ」、帰るときに「ありがとうございます」と言われます。 ただし、メイド喫茶では、入店時に「おかえりなさいませ、ごしゅじんさま」、出店時に「いたらっしゃいません、ごしゅじんさま」と表示されます。

あなたは「所有者」かもしれませんが、従うべきことが1つあります。 メイド喫茶はエンターテインメントサービスです。 したがって、ほとんどのカフェでは、握手などのサービス担当者への接触を禁止しています。 このような身体的接触は他の国でも受け入れられるかもしれませんが、メイド喫茶でやろうとすると、立ち去るように言われます。

確かに、メイド喫茶の顧客は、2Dの世界の愛好家だけではありませんでした。 アニメや漫画のファンではなかった男性と女性はいつもバーに足を踏み入れました。 カップルでさえ、一緒に新しい経験をするためにここに来るでしょう。

お客さんが来店すると、ウェイターが「おかえりなさいませ、お嬢様」と挨拶します。 家庭用カフェは、テレビや雑誌に頻繁に登場することで人気の娯楽施設になっています。

日本の奇妙なメイド喫茶:アニメやマンガの世界から生まれた顧客は、ストレスの多い現実の中で所有者であるという感覚を体験します-写真2。

また、日本にはバトラーカフェであるしつじカフェもあります。 若い家政婦に扮した男性スタッフがおり、女性客を女性の家主のように扱います。

日本で最初のメイド喫茶は、2001年に秋葉原にオープンした「キュアメイド喫茶」と言われています。 その後、2004年に@HomeCaféがオープンしました。それ以来、秋葉原ではメイド喫茶文化が盛んになり、ユニークな文化の中心地となっています。

徐々に、他の多くの新しくてユニークなカフェがオープンしました。 鉄道と鉄道をテーマにした小さなTGV。 MaidCafé@BarMONONOPUは、戦国時代のウェイトレスから着想を得て、武士の衣装を着ています。

メイド喫茶の雰囲気はフレンドリーでリラックス。 あなたは強大な領主のように感じ、特別で異なる何かで満たされた土地でリラックスした瞬間を楽しむでしょう。

日本の仕事を参照してください

https://cafef.vn/can-canh-nhung-quan-cafe-dac-biet-o-nhat-ban-khi-khach-hang-khong-chi-la-thuong-de-ma-con-la- chu-nhan-20220420093820804.chn

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。