アジアの金融市場における自社株買いの「波」

先週、中国のハイテク大手アリババは、自社株買いプログラムの規模を150億ドルから250億ドルに拡大すると発表した。 今週、電話メーカーのXiaomiも3月29日に最大100億香港ドル(12億8000万ドル)の買い戻しプログラムを発表し、同社のオンラインヘルスケア部門であるJD eコマースであるJDヘルスは、最大30億香港ドルを買い戻すと発表した。株式の価値。

上記のニュースは、これらの企業の株価を急騰させました。

投資顧問会社Verityのリサーチディレクターであるベンシルバーマン氏は、中国企業は米国企業と同様に行動していると述べた。企業の成長が鈍化したときに投資家の信頼を高めるために、大規模な株式買戻しプログラムを発表した。

企業が自社株を買い戻す場合、この動きにより上場株の数が減り、各株の価格が上昇する可能性があります。 実際、株価を決定するために使用される一般的な指標は、少量株の売買価格の差です。 その結果、企業株はより魅力的になる可能性があります。

この傾向は、中国のハイテク巨人に限定されていません。 英国の銀行HSBC、保険会社のAIA、日本の自動車メーカーのトヨタも、ここ数週間で自社株買いの計画を発表しました。

モルガン・スタンレーは最近の短いレポートで、先週の中国証券監督管理委員会が上場企業に自社株買いを進めるよう奨励しているため、この傾向は続くと述べた。

中国のゲーム大手が最近動いていないように見えることに市場は失望しているが、テンセントが株式買戻しプログラムを発表する次の会社になる可能性があるという憶測がある。

投資顧問会社ミラボーエクイティリサーチのテクノロジー、メディア、テレコミュニケーションリサーチの責任者であるニールキャンピング氏は、テンセントは株価も大幅に下落したと述べた。これは、同社が自社株買いプログラムを検討することを示している可能性がある。 したがって、彼はこの可能性を完全に排除すべきではないと考えています。

日本の投資銀行野村氏は、適度な株式市場の評価と強力なバランスシートの組み合わせが株式買戻しを後押しするはずだと述べた。 野村の最新のレポートによると、このトピックは今後数週間でアジアの金融市場の中心となる可能性があります。特に、グループが買い戻しプログラムを拡大するにつれてアリババの株価が上昇した後です。100億ドルの株式。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。