アジアおよび世界の株式は、ウクライナの前向きな発展で繁栄しました

MSCIアジア太平洋株価指数(日本を除く)は3月30日に1%上昇-写真:ロイター

ロイター通信によると、MSCIアジア太平洋株価指数(日本を除く)は3月30日に1%上昇し、3月4日以来の最高水準に達した。 ほとんどのアジアの株式市場は前向きです。

CNBCによると、香港のハンセン指数は、中国のハイテク大手テンセントの株価が2%以上上昇した後、取引の初期段階で1.3%上昇しました。

中国本土では、上海総合指数が0.63%上昇し、深センの株価指数が0.805%上昇しました。

さらに、韓国のKospiは0.35%上昇し、S&P / ASX 200は0.86%上昇しました。

しかし、日本の日経指数はアジアの一般的な傾向に反し、1%下落しました。

3月29日、ウクライナは安全保障の提供と引き換えに中立国の地位を適用することを申し出た。 これは、この国とロシアの間の交渉における海からの合図と考えられています。

このニュースは、欧州株が反発した後、ダウ工業株30種平均とS&P500を4日連続で一夜にして上昇させました。

AMPキャピタルの投資戦略責任者であるシェーンオリバーは、次のように述べています。 「」

しかし、オリバー氏はまた、「インフレ懸念、債券利回り、米国が景気後退の危機に瀕しているかどうかをめぐる論争」により、投資家心理は変動し続けるだろうと警告した。

一方、ウクライナの紛争による供給の逼迫は、新たな見通しにもかかわらず、現在、石油価格を高く維持している。

ロイターは、ブレント原油の価格が1%上昇して1バレル111.36ドルになり、米国の軽質原油(WTI)が0.83%上昇して105.12ドルになったと述べた。

スポット金も0.1%上昇して1オンス$1,920.6になりました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。