まだ日本の高齢者を見ている何千もの「目」への懸念

その後の数年間で、彼はより頻繁に姿を消しました。 かつては見知らぬ人のアパートに到着する前に2日間さまよったことがありました。 彼は飢えていて、彼の名前をほとんど覚えていませんでした。 彼の心は記憶喪失で曇っていた。

内田さんの家族は、どうしたらいいかわからないまま、地方自治体にデジタル時計のリストに載せるように請願しました。

住んでいるナーシングホームの内田好治さん。 写真:NYT

内田家が住む兵庫県伊丹市では、1,000台以上のセンサーが街頭に並んでいます。 各機器にはWi-Fiの波に囲まれた笑顔の漫画のキャラクターが飾られており、内田さんが散歩に出かけるたびに、お財布に隠されたタグでおじいさんの位置を記録し、家族にアラートを発信していました。 彼が迷子になったとき、彼の家族は彼を簡単に見つけることができました。

板見は、高齢化が認知症の大流行に直面しているため、電子追跡に目を向けている日本の多くの地域の1つです。 これらのプログラムは、認知症の人を保護することを目的としています。

日本の監視努力は、人口が急速に高齢化するにつれ、世界中の国々が直面している難問を引き起こしています。

日本政府は、この使命を国の将来の安定に不可欠であると考えており、教育、ケア、ヘルスケア、さらには板見のようなインフラストラクチャーを含む、社会のほぼすべての側面における根本的な変化を検討しています。

しかし、そこにある監視システムは、この適応の極端な例の1つであると考えられています。 多くの人がデジタル追跡について深刻な懸念を表明しています。 彼らは、監視によって提供される便利さと安心が監視されている人々の尊厳と自由を脅かす可能性があると警告しています。

写真のキャプション
板見の街灯に搭載された1200台のデジタル監視機の1つ。 写真:NYT

電子監視システムが世界中で定番になり、米国や英国などの裕福でオープンマインドな国、またはアジアの大国である中国の両方で広く採用されるようになったため、高齢者の監視の問題は同意のより深い問題を提起しました。

日本人はプライバシーを非常に心配しているため、多くの都市では邪魔にならない形式の電子追跡を採用しています。

他のツールと同様に、日本でのシステムの究極の価値は最終的に決定されると、東京の認知症ケア研究訓練センターの研究チームリーダーである永田久美子氏は、それらの使用方法によって決定されると述べた。

彼女は、迷子になる恐れを軽減することでユーザーにもっと自由を与えるアプリに期待を寄せています。 しかし、彼女は、システムが「問題のある」人々、つまり家族や地域に負担をかけている人に対処するためのツールとしてのみ使用されていることを恐れています。

写真のキャプション
板見の道路にはトラッカーが存在します。 写真:NYT

世界で最も人口の多い国である日本は、記憶喪失、混乱、身体的衰弱、そして最も悲痛なことに、自制心と他者との関係の不可逆的な崩壊など、認知症の被害に対して最も脆弱です。

特に、経済協力開発機構(OECD)の推計によれば、日本は世界で最も認知症の発生率が高く、人口の4.3%を占めています。 2012年の日本政府の調査によると、462万人以上が認知症に苦しんでいます。 一部の研究者は、日本人人口の4分の1が2045年までにこの病気の影響を受けると推定しています。

認知症は日本の主要な死因です。 2012年の9,600人に対し、2020年には17,000人以上の認知症患者が失踪しました。

その年、政府は最初の全国認知症政策を制定し、それ以来、政府はこの病気の人々により良く適応するための規制の枠組みを構築するのに苦労してきました。

主な成果の1つは、認知症の人々の生活の質を向上させ、高齢者の在宅介護の負担を軽減することを期待して、認知症の人々をナーシングホームに配置するのではなく支援することにますます焦点を当てていることです。

しかし、認知症の人の在宅ケアは、介護者や認知症の人にとって不安の主な原因となる可能性があります。 日本の多くの地域では成人の育児を提供していますが、費用がかかる可能性があり、迷子になる可能性が最も高い人々の監督ニーズを満たしていません。

認知症の人を支援することに関する国の政策やメッセージは、社会の期待や地方自治体の行動と対立することがよくあります。 家族は、不規則な行動が社会的不名誉を引き付けたり、地域社会を困惑させたりすることを恐れて、認知症の人を隠すことがあります。

繰り返し道に迷う人々のために、警察は家族に彼らを家に留めるか、彼らの所在を注意深く監視するように圧力をかけるかもしれません。

2007年、認知症の91歳の男性が中部日本の自宅からさまよって電車に殴られ殺されました。 列車の運転士は、旅客サービスの遅れに起因する損害賠償で老人の家族を訴えた。 そして、地方裁判所は他の会社に有利な判決を下しました。 決定は上訴部門で覆されました。

写真のキャプション
佐藤美希さん。 写真:NYT

3年前に認知症と診断された佐藤美希さん(46)は、認知症の人に仕事の機会を提供する会社に加わった。 佐藤さんは、認知症の人は信頼されたいと言っています。 そして彼女は、実際にこれらのGPS追跡デバイスを積極的に使用したい人の数は、それらを使用する必要がある人の数と比較して非常に少ないと付け加えています。

認知症の人が買い物をするのを助けるための位置追跡アプリの開発を手伝った佐藤にとって、最も重要なのは個人の選択です。

しかし、道に迷うことへの彼の恐れは非常に現実的です。悪い日、駅と通りの名前が融合し、彼の記憶の中で演説が踊ります。

認知症の人が行方不明になった場合でも、ほとんどの日本のコミュニティは同じアプローチで認知症を見つけています。 ボランティアの検索チームが活性化され、当局はほとんどの地域の地元のラジオ局または公共システムで発表を放送しました。

一部の地域では、放浪者の情報を含むキーフォブなど、技術的でないソリューションを選択しています。 しかし、認知症の人が自分の家に住むことが増えるにつれて、デジタルオプションはさらに魅力的になります。

これらは、防犯カメラや靴に滑り込ませることができる追跡デバイスなどのより煩わしいものから、スマートデバイスによってスキャンされたときに爪にくっついて介護者に警告することができるQRコードなどのより受動的なオプションにまで及びます。

地方自治体や企業はプログラムの開発と促進に多額の投資を行ってきましたが、倫理的な懸念もあり、依然として控えめに使用されています。

写真のキャプション
Itamiは、2015年からデジタルデバイスを使用して高齢者を追跡しています。写真:NYT

特に、インフォームドコンセントの問題は、特に認知症の人が同意を与えることができるかどうかを評価することが難しい状況では複雑です。

内田さんの息子、市役所で働く新太郎さんは、2019年に父親を登録しました。彼の家族は、認知症をよりよく理解できるように、内田さんの事件について話し合うことに同意しました。 。

彼の父は忙しい人でした。 引退後、彼はすぐに別の仕事に就いた。 しかし、70歳になると運転が困難になりました。 彼の記憶は薄れた。

内田さん(78)は伊丹に何十年も住んでいます。 しかし今、彼が毎日歩くとき、通りは彼に馴染みがありません。 内田さんは1ヶ月で3回迷子になりました。 追跡プログラムは彼の放浪を遅らせるのに役立ちましたが、彼を止めることはできませんでした。 昨年3月、彼の家族はしぶしぶ父親を介護施設に入れました。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。