さくら地区の和風アメニティ


さくらは、首都の西にあるヴィンホームズスマートシティの都市空間を際立たせ、日本文化の感情を呼び起こします。

Vinhomesの代表によると、各集塊では、このユニットは独自のアイデンティティを持っています。 たとえば、Vinhomes Riversideは、ハノイの中心部にある人里離れたヨーロッパの角で、長い間上流階級の集まる場所と見なされていました。 一方、ヴィンホームズセントラルパークの市街地はニューヨークスタイルの空間をサイゴンにもたらし、ヴィンホームズタイムズシティはモダンな西ヨーロッパスタイルと多様なユーティリティシステムを備えています…

このカラフルなイメージで、さくらは日本のスタイルの一部です-それは人生の趣味が高く、心身の健康に高い関心を持っている国です。 Vinhomesは、Land of the Rising Sunの不動産ユニットであるSamtyと協力して、Vinhomes Smart City(Nam Tu Liem-Hanoi)にVinhomesブランドで最初の日本式の居住空間を共同で建設しました。 扶桑の文化とライフスタイルに精通した人々による建設のおかげで、ハノイの西にあるさくら地区は、インフラ、公共サービス、景観の面で並外れた空間をもたらすことを約束します。

この細分化では、投資家は、静かな禅庭園、北海道の花の咲く谷、華麗な檜橋などのシーンで日本式のシーンを構築します…

日本人の考え方やライフスタイルにインスパイアされたサクラ-ヴィンホームズスマートシティ住宅団地は、ここに来るすべての居住者と訪問者に感情をもたらします。

「桜に、住人が五感で 『日本の生活』を体験できるオリジナルの日本空間をもたらしたい。新鮮な空気を吸い、草の上を裸足で走り、花の森の真ん中で運動し、瞑想することができる。.. 。これを行うには、まず日本式の庭園を建設する必要があります」と投資家の代表は説明しました。

Vinhomesによると、日本の庭のデザインの芸術は、レイアウト、色の選択、素材に関する厳格な原則から1、000年以上前に始まりました。 さくら地区のこの空間は、木、花、石、美しい湖をつなぎ、静かな瞑想的な音楽で、人々がリラックスして心を開くのを助けます。 桜の人々の伝統的な庭園の3種類、月山(Truc So​​n)、Karesansui(Koi Son Thuy)、Chaniwa(Tra Dinh)は、面積11,000m2の日本庭園の真ん中に建てられました。さくらエリア。

月山(Truc So​​n)は、石庭、泉、花や草、海外の橋などのミニチュア要素を通して、自然、山、川、丘の美しさをシミュレートするタイプの庭園です…ガーデンスタイルでこの場所で、住民は、せせらぎの小川の澄んだ音、葉を吹き抜ける風の音、中央の空気で羽ばたく音の昆虫など、日常の都市生活で失われた感情を再発見します…

月山の活気に満ちた活力とは異なり、枯山水(枯山水)は、水や反対の色を使わない場合の抽象度の高い庭園です。 代わりに、自然の美しさは、岩、砂、砂利、苔を通してのみ描かれています。 禅庭の「水」は、砂と砂利が多くの興味深い順序で配置されていることで表されます。湖のように滑らかな場合もあれば、海のように波打っている場合もあります。 山や丘は、植物で覆われた自然の岩や時には苔で表されます。 喧騒から完全に離れた、真に静かな一角を見つけたい方に最適な空間です。

チャニワ(トラディン)は、茶道を行うために設計された庭園の一種です。 茶道庭園の構造は、中央東トラタットとノベダンと呼ばれる狭い舗装された小道で構成され、ノベダンの周りには、明確な芸術的意図に従って配置された花の茂み、木、石のランプ、鯉の池があります。

日本庭園のユニークな空間に加えて、桜の区画には、日本の有名なモニュメントの「コピー」もあります。 日本から4,000km以上離れた、有名な芦ノ湖(神奈川県、本州、日本)のターコイズブルーの水と新鮮な空気が、さくらエリアの真ん中にある芦ノ湖のバージョンで再現されています。

日本の最北端に位置する北海道の島は、藤、あじさい、ライラックの楽園とされています。 日本人の意見では、北海道の平和はすべての傷を癒すことができる温泉です。 桜の間にある北海道の谷は、ネガティブな感情を払拭するのに十分な平和で詩的な場所でもあります。

日本の若い世代を促進するという同じ精神を共有するサクラサブディビジョンには、多くの年齢層に適した創造的で物理的な遊びシステムを備えた独自のカワイイ子供用遊び場があります。 このスペースは、子供たちが運動し、社交し、友達を作り、電子機器を使用する時間を制限することを奨励します。

投資家の代表によると、サクラは、1,000平方メートルのリゾートスタイルのスイミングプール、ジャグジー、ハマムを備えた、4シーズンのガラス屋根のスイミングプールを直接開発した最初で唯一のVinhomesスマートシティ開発でもあります。 。風通しの良い日本庭園に少し張り出している。 これは、扶桑コミュニティが健康管理を支援するために高く評価しているリラックスできる方法であり、すべての年齢の居住者の身体的特徴に適応したスポーツの練習でもあります。

さくらと他の「国際都市」を結ぶヴィンホームズスマートシティは、地下鉄6号線に架かるヒノキ歩道橋です。日本のコンセプトでは、鮮やかな赤い色のヒノキ橋は太陽に似ています。 夜明けは幸運と幸運の象徴です。 檜橋をきちんと完成させるために、建築家や職人の多大な時間と労力を費やしてこの工事を行っています。

さくらエリアの日本庭園の細心のシステムに共鳴しているのは、最大6.1ヘクタールの面積を持つ大都市のVinhomesスマートシティにある日本庭園です。 このユニークな風景の世界には、130本の美しいカラマツの木、5,000本の色とりどりの提灯、鯉の活気ある群れ、そして一年中お祭りの雰囲気があります。

日本のライフスタイルを考えると、エンターテインメントやショッピングのエキサイティングなペースを無視することはできません。 総面積が最大68,000m2のVinhomesSmartCityにあるVincomMegamallは、ハノイの西にある「エンターテインメントとショッピングの楽園」になる運命にあります。

投資家の情報によると、Vinhomes Smart Cityは、カラフルでマルチエクスペリエンスの空間を通じて、20か国から2万人のコミュニティを構築しました。 さくらの和風空間を彩るカラフルなイメージのユニークな作品です。

木フォン
デザイン: タングエン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です