これまでに作られた最も奇妙な日本車

2022年4月2日土曜日15:00(GMT + 7)

日本は世界で最もユニークな自動車文化の1つですが、それが「他に類を見ない」自動車も生み出している理由です。

日本の自動車メーカーは、自動車製造の革新で知られています。 彼らは1990年代に大きな印象を与えたユニークな車のモデルを開発し始めました。それは何十年もの間素晴らしい車を作り、ブランドのロゴと名前さえ作成しました。 。 しかし、他の人はあまりにも新しくて奇妙で、やってのけることができません。

もちろん、珍しい車を生産している国は日本だけではありません。 しかし、それをスキップして、これまでに製造された中で最も奇妙な日本車を見てみましょう。

8.ダイハツビー

ダイハツは1951年に初の量産乗用車を目指してダイハツビーを発売しました。 一見したところ、この車両は最初の三輪車であったため、他の車両よりも際立っていました。 フロントに1つのホイール、リアに2つのホイール。

これまでに製造された最も奇妙な日本車モデル-2

ビーはキャビン後部に18馬力の2気筒0.5リッターOHVエンジンを搭載。 水平対向エンジンを搭載した初の日本車でしたが、売れ行きが悪く、わずか300例で生産を停止しました。

7.ホンダS500

これまでに製造された最も奇妙な日本車モデル-3

S500は、1963年に発売されたホンダの2番目の車両でした。これは、商用目的で設計されたが製造されなかったS360に取って代わりました。 S360と同様に、S500は日本の「ビッグマン」のオートバイエンジン製造経験から作成された高度なエンジンを備えています。

これまでに生産された最も奇妙な日本車-4

車の小型エンジンは4速マニュアルトランスミッションとペアになっています。 この車には、後部にCoiloverショックアブソーバー、前部にトーションバーを備えたアップグレードされた4輪サスペンションもあります。 1964年9月、排気量が小さいために性能が低下したため、S500はS600に置き換えられました。

6.ホンダレッツゴー

これまでに生産された最も奇妙な日本車-5

Vamosはドアのないエンターテインメントカーであり、フォルクスワーゲンまたはシトロエンメアリに対する日本の答えです。 ただ、ミッドシップ360cc空冷2ストロークエンジンを搭載しているので遅い車です。

オフロードには理想的ですが、後輪駆動なのでほとんど不可能です。 ただし、ホンダバモスは、シンプルなデザインと防塵・防塵性を備えたトラベルバギーとなることを目的としています。

これまでに作られた最も奇妙な日本車-6

面白い車の場合、Vamosはフォルクスワーゲンコンビと同じくらい快適で楽しいですが、1970年から1973年の間に売れ行きが悪く、わずか2,500台で生産を停止しました。

5.日産エスカルゴ

これまでに作られた最も奇妙な日本車-7

日産S-カーゴは、分割窓や露出したホイールアーチなどのスタイリング機能を備えたシトロエン2CVカーゴトラックに似ています。 また、1.5リッター4気筒エンジンと3速ATを組み合わせる。 日産S-カーゴはロードウォリアーのようには見えませんが、リストにあるほとんどの車よりも高速です。

これまでに作られた最も奇妙な日本車-8

発売から2年以内に約8,000台のSカーゴが生産されました。 S-Cargoは、日産パオとフィガロの製造で有名なパイク工場から来ています。

4.スズキX-90

これまでに作られた最も奇妙な日本車-9

SUVブームの開始時に、自動車メーカーはさまざまな車種を実験しました。 いくつかの実験はうまくいきましたが、他の実験はスズキX-90のような風変わりな製品を生み出しました。 1996年のサブコンパクトはSUVでしたが、一部は2ドアで、一部はコンバーチブルで、ルーフが取り付けられていました。

これまでに作られた最も奇妙な日本車-10

X-90は小型車のようなトランクを備えているので、ユーザーにとってはあまり役に立ちません。 また、トラックのシャーシに組み込まれているため、快適な乗り心地は難しいでしょう。 車の95馬力エンジンもあまり推力を提供しません。 X-90は1996年から1998年までしか販売されていませんでした。

3.トヨタVi

これまでに作られた最も奇妙な日本車-11

カローラやカムリのような退屈で不変のモデルを何年にもわたって生み出した後、トヨタは1999年にウィルというデザインに焦点を当てたサブブランドでマスコミと一般の人々を驚かせました。それはCypha、VS、Viの3種類の車両を操作します。 それぞれが独自のスタイリングで際立っていますが、2000 Viは、強調された角度のあるデザインと倒立したリアウィンドウでゲームをワンランク上に上げます。

これまでに作られた最も奇妙な日本車-12

Will Viは、金属部品が湾曲した非常にユニークなデザインの車ですが、予想より早く生産が停止されました。

2.スズキツイン

これまでに作られた最も奇妙な日本車-13

有名な日本の軽自動車(マイクロシティカー)の基準でさえ、スズキツインはスマートフォーツーより少し長い小さなクーペです。 そのデザインは、子供のおもちゃ屋で見られるプラモデルとドライバーが使用できる実際の車を区別するのを難しくします。

これまでに作られた最も奇妙な日本車モデル-14

スズキツインは完全に日本で販売されており、ハイブリッドパワートレインで製造されています。 ハイブリッドツインは、エネルギー消費を削減し、運転効率を向上させるために、単一の電動ウィンドウを備えています。

1.日産キューブ

これまでに作られた最も奇妙な日本車-15

日産キューブは、車の愛好家が路上で出くわすことができる最も奇妙な(そして最も奇妙な)車の1つと見なされています。 その不快な外観の主な理由は、その曲線的な正方形の形状、非対称のリアウィンドウ、およびCVT無段変速機です。

ボンネットの下には、4気筒、ダブルオーバーヘッドカムシャフト(DOHC)、排気量1.8リッター、122馬力のエンジンがあります。これはNissanVersaのエンジンに似ています。 日産キューブは北米市場向けに生産されたが、販売不振により2014年に生産中止となった。 日本でも2019年に販売を終了しました。

ソース:https://tienphong.vn/nhung-mau-xe-nhat-ki-la-nhat-tung-duoc-san-xuat-p​​ost1427236.tpo

高級車がヒョンビンとソン・イェジンの結婚式に集結

高級車、超高級車の推定総価値は最大数千億ドンです。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。