「日本で最も有名な船乗り」による60年の海の征服

60年前のある週末、米国のサンフランシスコ湾に現れたとき、堀江の合板帆船が目に留まりました。

「どこから来たの?」アメリカ人の船乗りであるウィリアム・フィッシャーも週末に出航し、ボートに乗っている人々に向かって叫んだ。

“大阪! 短くてハンサムな見知らぬ人が答えた。

1962年8月12日、大阪の西宮港から米国西海岸のゴールデンゲートまで8,481 kmの旅をしたのは、23歳の堀江謙一でした。 。 その時、誰もそのような旅行をしていませんでした。

堀江さんが94日間海で使っていたマーメイドボートはとてもシンプルでした。 堀江は、高校のボートクラブでの使用法を学んだ六角形(2つの物体間の角距離を測定するための反射型海洋機器)のみを使用して太平洋を横断しました。

日本人の船乗りは、フリーズドライ食品がまだ発明されていなかった時期に旅行をしました。 彼は米、缶詰、海で獲れた魚を食べ、飲料水、日本酒、アサヒビール60本も持ってきました。

堀江さんはほとんど飲まなかったので、旅行の終わりにはまだビールが少し残っていました。 彼はまた、彼らがサンフランシスコのドックでインタビューに来たとき、彼らと一緒に飲むように記者を招待しました。

堀江謙一は、1962年8月12日、最初の海上横断を終えた後、サンフランシスコの船の甲板に立っています。 写真: NPS。

お金もパスポートもビザも英語も限られていたため、堀江は米国に不法入国したことが判明した。 しかし、彼の旅行はサンフランシスコに新鮮な空気を吹き込みました。 当時の町の市長、ジョージ・クリストファーは、彼の勇気に敬意を表してビザを発行するよう手配しました。

家では、日本人は彼を大胆な冒険家、日本で最も有名な船乗り、あるいは英雄としても歓迎しました。 堀江氏の旅は、「戦後の外交政策に平和をもたらすための個人的な努力」と比較されてきた。

映画は呼ばれています 一人で太平洋を渡る 彼が書いた本に基づいて、堀江の旅の1年後に出てきました。

堀江さんのボート「リトルマーメイド」は、後にサンフランシスコ海事国立歴史公園に展示されました。 「彼の話は多くのアメリカ人の船員に影響を与えました」と公園の監督モーガン・スミスは言いました。

しかし、1回の旅行ではこの男を満足させることはできませんでした。 次の60年間、堀江は太平洋横断を続けました。 1989年、彼は長さ2.8mのボートで137日でサンフランシスコ-日本宮を完成させました。 1992年、彼はペダルボートで4,816kmのハワイ-沖縄ステージを征服しました。

堀江謙一は、サンフランシスコ海事国立歴史公園で、太平洋への最初の航海で使用したサイレンを調べます。 写真:サンフランシスコクロニクル。

堀江謙一は、サンフランシスコ海事国立歴史公園での太平洋への最初の航海で使用した「人魚」を調べます。 写真: サンフランシスコのクロニクル。

1999年、彼は528本のアルミビール缶で作られたボートで米国西海岸から日本に戻り続け、3年後にウイスキー樽からリサイクルされたボートで戻ってきました。

堀江謙一は、アルミ缶をリサイクルして製造されたボートで、エクアドルのサリナスから東京まで14,500キロ以上移動した太陽電池式ボートで太平洋を横断する最速の人物としてギネスブックに記載されています。 。 エクアドル政府は、国の沖合にあるガラパゴス諸島の岬にその名前を付けました。

83で太平洋を横断

堀江さんの友人の土田健さんは、2012年に日本人の船乗りが次の航海のために貯金をしていると言いました。 当時、堀江さんは73歳でした。

「堀江は別の旅行のために貯金をしていると思う。彼は一人で世界一周する最年長の男になりたいと思っている」とケンは語った。

10年後の3月26日午前10時、堀江は83歳で日本への帰国を開始し、船で太平洋を単独で横断しようとした最年長の人物となった。

堀江謙一は、3月25日にカリフォルニア州ティブロン市で海を渡る準備をしています。 写真:ベイエリアニュースグループ。

堀江謙一は、3月25日にカリフォルニア州ティブロン市で海を渡る準備をしています。 写真: ベイエリアニュースグループ。

今回は、リサイクルボートや合板ボートはもうありません。 堀江さんは体格と身長1.52mで特注の第3世代「マーメイド」を使用。 それは彼がこれまでに操縦したボートの「最も完全な完璧さ」を備えたボートです。 彼は本を読んだり、ボートを制御することなく自由な時間があるときはいつでもラジオを聞くことを計画しています。

「心配することは何もない」と堀江は海を渡る長い旅だけで心配事について尋ねられたとき答えた。 「たぶんそれはただの老後です。」

デューク・チュン (によると 日本/Sfgate)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。