「反抗的な」ティーンエイジャー

ハノイ10代の若者は、認知的、身体的、心理的、感情的な変化を起こすことが多く、プレッシャーを感じる傾向がありますが、それらを処理することができず、精神障害を引き起こします。

国立小児病院の青年期保健局の副部長であるNgoAnhVinh博士は先週、上記のことを述べ、心理的な障害に苦しんでいる13歳の少女の話をしました。 前回、彼女は高用量の鎮痛剤を服用したため、昏睡状態で緊急治療室に移送されました。

命が救われた後、医者と分かち合い、高校を卒業したときに入れ墨を学ぶつもりだったが、両親は「将来のために大学に行く」ことを望んでいた。 彼女が両親と議論するときはいつでも、トランは寝室のドアを一人で閉めるのに退屈し、自分を苦しめ、一度手を切って病院に運ばれましたが、今回は薬物の過剰摂取でした。

「両親が自分の真剣な願望を理解していないと思ってがっかりし、 『祖父母になりたい』、 『誰も私を理解していない』という期待に応えられないのではないかと心配した少女は、ネガティブ」とヴィン博士は回想する。

彼によると、この患者はタイムリーに救急医療を受けることができて幸運であるため、生命を脅かすことはありませんが、心理的損傷は長期的な影響を与える可能性があります。 バッハマイ病院メンタルヘルス研究所の小児および青年部門のグエンホアンイェン博士も、患者が薬物療法と組み合わせた心理療法で彼女によって治療されたことを共有しました。 彼女は15歳の学生で、勉強のプレッシャーのために、頭の中で侮辱的な声がよく聞こえ、ガラス片を使って手を切り、快適に感じました。 このケースは、長くて難しいケア、多​​くのサポート方法の組み合わせ、そして家族の注意を必要とします。

調査によると、10代の若者の否定的な行動は毎年増加する傾向があります。 ハノイのBlumFoundationによる2012年の調査によると、15〜24歳のグループでは、自殺未遂と自殺未遂の割合は2.3%でした。 特に、研究者たちは、15〜19歳のグループが20〜24歳のグループよりもこの考えを持っていたことを指摘しました(研究サンプルの総数は不明です)。 2020年に、13歳から17歳までの6,400人の若者を対象にした調査では、11%が過去1年間に自殺未遂を考えて自殺未遂をしたことがわかりました。

ヴィン博士は精神障害に苦しむ子供を診察します。 写真: 医師提供

医師によると、青年期には、子供たちは人との関係やその他の生活上の問題に適応するのが難しいと感じています。 タイムリーかつ適切な方法で共有および対処されていない目に見えない圧力は、この年齢でますます否定的な考えを引き起こし、心理的障害を引き起こします。

実際、多くの親は「自分の将来のためになりたい」という考えで子供たちに目標を課し、「親が子供たちを置く場所」または「あなたはあなたの両親と議論することができる」という概念に従って子供たちに絶対に従うことを望んでいます。 悪ガキ”。 しかし、この面付けは子供たちを苛立たせ、家族の信頼、共感、理解を感じることができなくなります。 ヴィン博士によると、それは子供の心理的発達には良くありません。

「子供たちは、特に青年期に、引きこもりや自己嘲笑などの反対や否定的な反応を引き起こす傾向があります」とVinhは言いました。 したがって、この段階はしばしば思春期の「反抗的な」期間に例えられます。

常に退屈を嘆き、悪と罪悪感に満ちていると思い、無能で役に立たないと感じているなど、精神障害のある子供たちの警告サイン。 ソーシャルネットワーク、手紙、日記を介して友人や人々に別れのメッセージや挨拶を残します。 睡眠薬、ひも、鋭利なナイフなどの否定的な行為を実行するためにオブジェクトを所有または非表示にすることを意図している。

心理的には、親に対する怒り、恨み、自己憐憫を感じる子供もいます。 他の人の期待に応えられないことを心配する人もいれば、人々が永遠に思い出すように注目を集めたいという理由で否定的な行動をとる人もいます。 したがって、親は子供たちを監視して、子供たちの心配や歪んだ考えを和らげるために時間内に助け、介入する必要があります。

「親は仲間であり、子供たちに自信を与えて、子供たちが学習や社会的関係に困難を感じているときに共有し、自信を持てるようにする必要があります」とVinh氏は述べています。 学校はまた、子供たちにとって友好的な学習環境を作り、困難が生じた場合に子供たちを迅速に支援するための心理カウンセリングルームを持たなければなりません。

さらに、医師は、子供に圧力をかけるため、学業成績や期待が高すぎることを両親に課さないようにアドバイスします。 代わりに、親は子供たちの願望を学び、正しい将来の方向性を提供することに耳を傾けるべきです。 大人は怒り、侮辱、侮辱、禁止、強制、殴打、身体的虐待、子供の精神的虐待の行為であってはなりません。

Thuy Quynh-Thuy An

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。