「デジタルデトックス」運動は日本の参加者を魅了します

香川県で「デジタルデトックス」セミナーを開催しました。 写真:共同通信

ジャパンタイムズによると、この方法を適用することで、人々は一時的に電子機器から離れ、心をリラックスさせ、現実の相互作用に集中し、自然に溶け込む機会を得ることができます。

東京のサラリーマン、佐藤幸子さん(46)は、オンライン学習でいつも携帯電話やパソコンの画面にくっついている高校生の息子のことをとても心配していると語った。 しかし、息子がデバイスにどれだけの時間を費やしたかを観察したとき、彼女は自分が自分の携帯電話にどれほど夢中になっているかも気づきました。

その時、幸子は「デジタルデトックス」革命を起こすことを決心した。 幸子はジョギングで「デトックス」を練習します。 走りながら、彼女は自分の携帯電話をロッカーに入れました。 最初、幸子はいつも落ち着きを感じていませんでした。 たった1時間で、彼女は電話を紛失したり、足を骨折した場合に誰にも話す電話がなかったりするなど、多くの状況を考えました。 しかし、「デトックス」を決意した後、幸子は本当に自由に感じました。

さちこさんは、寝る前にベッドに入れない、食事の時間に食卓に置いておくなど、携帯電話を持って行かないようになっていきました。 幸子は、携帯電話に夢中になっている日本の多くの人々の一人です。

日本人1,000人が参加したCrossMarketing社の調査によると、50%近くが自分の携帯電話に依存しすぎていることを知っていると答えました。

専門家によると、デジタルデバイスを削減することで、人々はより健康的な生活を送ることができ、睡眠の改善から集中力の向上までさまざまなメリットがあります。

東京在住の58歳のフリーランサー、森一哉さんは、一日中パソコンの画面の前に座って休憩中も携帯電話をサーフィンしていると、自分の人生に疑問を抱き始めたと語った。 「まるで電話のようで、コンピューターは常にオンになっている」と森氏は説明した。 森さんは携帯電話を持たずに歩いていると、携帯電話は単なる手段であり、身の回りのすべてに注意を払う時間があったことに気づきました。

山口県出身の伊藤山悠人さん(27)は、ラインメッセージングアプリのアバターに「午後9時過ぎに電話を切る」という大きな赤いテキストメッセージを投稿した。 4年間デジタルリハビリを行っている若い男性は、友人の写真を見るためにソーシャルメディアを利用することはめったになく、その結果、友人に「どうやって」または「何を」と尋ねると、より活発な会話ができると言いました。

人々をデジタルデトックスに参加させ、経験を共有するためのセミナーを開催するデジタルデトックスジャパンのディレクターである森下正大(29)は、この傾向はデジタルデバイスの役割を否定するものではないと述べた。

「私たちは、このアプローチが、人々が電子機器への依存症を再考するきっかけとなることを望んでいます。 最も重要なことは、まだもっと休む時間をとることです」と若いディレクターは締めくくりました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。